賦之の怠惰な日々

書きたい事を書きたい時に、(グダグダ)書いてます。    名前は『ふゆき』と読みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドラクエⅣ プレイ日記その4

ネタバレあり

さぁ!(個人的に)待ちに待った。第三章の始まりですよー!

朝、妻に起こされ、(愛妻)弁当を貰い働きに出る・・・。スンゲ~うらやましい!
そんな環境にいるトルネコ。しかし、いい年してバイトっていうのはちょっと・・・

バイトに行く前に、じいさんを教会まで押して行ってやるか。 あれ?1度も変な方向を向かずに着いたぞ・・・何気に初めてだ・・・こんな事。

さて、と。破邪の剣を仕入れるまで頑張るぞ~。なるべく早く売りに来いよな・・・。
兄貴は、何度やっても売りに来なかったらしく、諦めて先に進んじまったが、オレは粘るぜ!
客が、「武器を売りたいんだが」って言う度に「おっ!きたか」と思ってしまうのは、もはや癖・・・。しかし、銅の剣を買う金がなかったり、装備できねぇモン買ってったり(後で友人にあげるらしいが)色んな人がいるねぇ。と考えてたら来ましたよ!何がって?
破邪の剣を売りに来た人が!嬉しくなって、思わず声だして笑っちゃいましたよ。もちろん買い取りました。「あんたお目が高いな」いや~それほどでもぉ♪って、あの客、破邪の剣、売っ払うって事は、よほどイイモン装備してんだなぁ!
 その後、破邪の剣を買おうとする輩が数人来たが、当然、追い返してやりましたよ!
いや~、まさか初日のバイトで破邪の剣を仕入れることが出来たのは正直嬉しい♪

次の日(あくまでゲーム内の)から旅に出ることに。鉄の金庫でも取っておくか、今回は“ふくろ”あるし邪魔にはなるまい。 そう考え、北の洞窟へ。この洞窟はモンスターが出るフロアが限られてるので、レベルが低くても初期装備+防具屋2階でパクってきた皮の盾のみでも充分。 ラッキー、宝箱にくさりがまがあったぜ。 この洞窟も構造が頭に入ってるから、楽勝。すぐに鉄の金庫を取って帰る。

キツネの村(仮)でステテコパンツをゲット・・・さすがに初期装備よか強いわな。装備、と
まだ、トーマスを連れてないからイベントは進行せず。

イベントを進行させるためボンモールへ。
道具屋でキメラの翼を購入。 地下牢へ。おお!2画面になった事により兵士の位置が把握しやすい!これなら楽勝よ! つうわけで、トムの息子を救出・・・ってこれ良く考えると、脱獄の手伝いだよね・・・?しかも頭打たずに飛んでっちゃったよ息子・・・。

レイクナバへ帰り息子にトーマス(犬)を借りる。 はやく、キツネを追い払ってエンドールに行こう。 トーマスの大活躍によりキツネ撤退、ドン・ガアデ橋を直して消える・・・
やっほ~ぅ!はがねのよろい貰っちゃったよ♪・・・って、トルネコ装備できねぇよ!
という事でボンモールの城内で鎧を売り、その金で破邪の剣を購入。

ボンモール王はエンドールの国を我が手にするため、攻め込もうとしているらしい、それを止めるためボンモールの王子からエンドールの王女への手紙を預かる。王子は字が下手らしい。 エンドールの王女の前でボンモール王子の手紙を読むトルネコ・・・これって、ある意味羞恥プレイ・・・?  話(?)を聞いていたエンドール王が、ボンモール王への手紙を預けた。(not BL展開) 王様も字が汚いらしい。
ボンモール王の前で手紙を読み。将来、自分の息子がエンドール王になる。ということでご満悦の様子のボンモール王。・・・自分が王になれなくてもいいんだ・・・。

次回へ続く

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。