賦之の怠惰な日々

書きたい事を書きたい時に、(グダグダ)書いてます。    名前は『ふゆき』と読みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

難しい・・・

けいおん!!:最後の学園祭ライブが終わってから、ずいぶん時間が飛びまくってるなぁ・・・。 先週は受験、そして今週は卒業式前日・・・。
 あぁ・・・来週で終わっちまう・・・マジ悲しいわ。

最終回が終わって、番外編が2話。 それが終わったら改めて1期から見直してみるかなぁ。

それより、和ちゃんは唯たちとは違う大学なんだろうか?
先週出てなかったし、前に志望校の話してるときも「国立を目指す」って言ってたしなぁ・・・。
 和ちゃん関連でもう一つ、生徒会長のアルバムが作られてるって話だが・・・当然、和ちゃんの前の生徒会長である『曽我部先輩』のアルバムも当然あるよねぇ? あ~見てぇ!!超見てぇ!

以下、私、賦之にとっての『放課後』について。

今週の放送で唯が発した一言、「あなたにとって、放課後とは?」 と言うセリフ、この一言がな~んか気になるっていうか、ひっかかるっていうか、(個人的に)何か考えさせられるモノだったんで、見終わった後から自分なりに色々考えてみた。

放課後・・・一般的に考えると、『その日のすべての授業が終わった後の時間・帰宅・部活に勤しむ時間』ってとこかな?
で、オレにとっての『放課後』について少々。
小学生時代:早く帰る、早く帰ってゲーム。友人の家に遊びに行く。 ・・・この時のオレにとっての『放課後』は、『帰宅・遊ぶ』 かな?よくわからんけど・・・。

中学生時代:さっさと帰ろう。やっと帰れる。早く帰ろう。 中学3年間はオレの人生の最悪期(あってるかなぁ?この言葉)であることは間違いない。 ホントにイヤな事ばかりだった・・・。 不良が多いこと多いこと・・・(苦笑)上級生に限らず同学年、同じクラスにも何人もいやがった・・・。 他のクラスメイトには温和な感じなのに、オレだけに限ってはスゲェ高圧的な態度をとっていた教師。etc いや~、最悪な3年間だった。良い思い出なんて何一つねぇや(笑)
・・・話がそれすぎた・・・。  中学時代のオレにとっての『放課後』とは、『解放』・・・これに尽きるなぁ。

高校時代:1・2年の時は真っ直ぐ帰宅。3年(からだと思う)は友人たちと寄り道。  高校・・・入学前は『希望』なんて皆無、『絶望』しかなかった。1年の時、まだ友人がいなかった頃は学校に行くのがイヤだったし、辞めたいとも思ってた。けど、色々な人たちと話しをして(人見知りなんで、話しかけられるの待ちでしたが/笑)、親しくなっていってだんだんと学校生活が楽しいものになっていった。その、友人たちには本当に感謝してるし、逢えて良かったと思ってる。 小・中時代も友人はいたけど、高校で出会った友人たちは人生初の『親友』と言える存在。
そんな親友たちと『放課後』に寄り道するのはホントに楽しい時間だった。 ・・・たまに、ゲームを優先させて先に帰ってた自分は、今思うとスゴいバカな奴だったと思う(苦笑)
 そんな高校時代をおくったオレにとっての『放課後』とは・・・『掛け替えのない時間』・・・?いや、違うか・・・。ここだけはホントに言葉が出てこない・・・。

・・・スイマセン、文字数が限界っぽいです・・・。
続きは別記事で。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。