賦之の怠惰な日々

書きたい事を書きたい時に、(グダグダ)書いてます。    名前は『ふゆき』と読みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリアしました

ドラクエⅨ、よ~やくクリアしました。 ふぅ、ラスボス倒すまでに55時間もかかっちまったぃ(苦笑)

以下、レビュー的な感想・・・?
推敲もなしの勢いだけの文なので見苦しいですが・・・。
ネタバレあり。

今回のドラクエは、もちろん良いトコもあったけど、それ以上に悪い点・気になる点等が多かった・・・。
 最初は主に悪かった点を。

・主人公が『天使』という非人間(?)なのは、(ドラクエ的には)新鮮でまぁ、良かったかと。・・・ま、後に訳あって『人間』なるわけですが・・・。 他の仲間は人間ですかねぇ・・・。

・3以来のキャラメイク。3では、職業と名前くらいしか設定できませんでしたが、9はそれプラス、体系・顔(のパーツ)・髪型・髪の色・目の色・・・と色々設定できるのですが、どれもコレもバリエーション(?)が少ないんですよねぇ・・・。やろうとしている事は良いんですが、何か残念な結果に・・・。

・3・6・7でおなじみの転職システム今回もあります。無論、転職はダーマ神殿で。 この転職システム、今回はち~と厄介な事になってまして、凄く魔法が使いづらくなってます・・・。
 例えば、僧侶でホイミ、べホイミ等を覚える→魔法使いに転職。 この場合、今までなら、魔法使いでも回復魔法が使える万能なキャラ。となるんですが、今回はそれが出来ません!僧侶は僧侶で覚える魔法のみ。魔法使いは魔法使いで覚える魔法のみ使える。という事になってます・・・。ので、戦士・武闘家・盗賊・魔法使いと言うパーティを組んだ場合、だ~れも回復魔法が使えないので、当然戦闘は凄く苦労する事となります・・・。 回復・攻撃魔法をバランスよく使える賢者は、ラスボス付近にならないと転職できないので、私のパーティには、ず~っと僧侶と魔法使いがいました(笑)
・・・コレは個人的に、改悪だと思いましたね・・・。
3みたいに転職するとレベル1になるのはまぁ良いとして・・・。

・カジノがない!!!
 ど~なってるの!?コレはマジで痛い・・・。 おかげで、娯楽は全くありません・・・。
カジノの高額(?)景品目指して、スロットやったり、ポーカーでダブルアップしまくったり、闘技場でバトル見て熱くなったり(オレの賭けたモンスターばっか狙うなよ!とか)ができない・・・。
『容量の問題』以外の言い訳が聞きたいものです・・・。DSって時点で『容量が少ない』ってのはわかりきってる事だし・・・。 ・・・素直に据え置き機で出しておけばよかったものを・・・。

・ギラ系魔法がない・・・。 何故だ・・・理解に苦しむ・・・。ギラ・ベギラマなんて、Ⅰから出てる“伝統”とも言える魔法ですよ!?・・・コレはどんな理由があろうと納得できんわ・・・。
 あと、多分ですが、デイン系の魔法もありません・・・。『勇者』も職業にないみたいですし・・・。
その代わり・・・とでも言うべきか、『ドルマ系』(?)の魔法が増えました。DQMJで好評だったのか知らないけど・・・。

・何を狙っているのかよくわからない装備品たち。
白いTシャツ・ドクロのTシャツ・ブルージーンズ等の妙に現実味を帯びたモノ。
ブルーガード・ブラックガードといった、女性用の下着・・・と思われる存在意義を疑うモノ。ちなみに、男性キャラ用には、ブーメランパンツがあります・・・。 下の防具コレで戦ってたら単なる変態ですよ・・・。鎧等で隠れる場合もありますが。
メイド服・ニーソックス・ヘッドドレス(絵を見る限り、水銀燈の頭のアクセサリみたいな物)と言った、明らかに“ネタ”と思われる物。 しかも、メイド服に関しては男も装備できます・・・意味わからんわ・・・。 ニーソックスは女性のみ。
・・・・・・何を考えているのか・・・・・・。 特に、メイド服・ニーソ・・・ウケるとでも思って・・・?ただ寒いだけでしたよ・・・私にとってはね・・・。 ・・・こういうおふざけはいらねぇんだよ・・・!
バニースーツ・踊り子の服の露出度も少ないし、あぶない水着も全然危なくないし・・・どうなってんだチクショウ! 昔の公式ガイドブックの頃のエロさを思い出せぃ!

・面倒くさいクエストが多い・・・。
今回、『クエスト』と言う、簡単に言えばサブストーリーみたいなのがあるんですが・・・コレが結構善し悪しで・・・。 基本、クリアするとアイテムがもらえることがほとんどなんですが、上級職になるためのクエストがなかなか面倒でして・・・。 例:魔法戦士になるためのクエスト。戦闘中、魔結界(魔法使いが魔法スキルをあげると覚える技、マジックバリアみたいなもの)を使ってから、使用者がメタルスライムを(3匹)倒す。 ・・・最初見た時は『無茶言うなよ』と思いましたね・・・。ご存知の通り、メタル系は非常にすばやく、逃げやすい性質のモンスターです。結界を張って逃げられる、張る前に逃げるなんてのは当たり前のようにありましたからね・・・。
 基本職・上級職共にLv15・Lv40になると、その職業に関するクエストが受けられます。
コレも、面倒な事ばかりで・・・あるボスをイオでトドメをさせとか、ゴーレム10匹をかいしんのいちげきでトドメをさせとか・・・結構無理難題を押しつけてきます・・・。
ちなみに、序盤のクエストはおつかい要素が強いです。

・宝の地図システムについて。
宝の地図が大雑把過ぎて、場所側がわかりづらい・・・。地図6,7枚持ってますが未だに2箇所しか探し当てられてません・・・。 もうちょい、見やすい地図がほしいものです・・・。

・ガングロ妖精サンディの存在意義。 ・・・マジでコイツは何の為にいるんだろう・・・。
(オレの大っキライな)ギャル口調で喋るし、言動は気にいらないし、天の箱舟の運転士を『てんちょー』(カタカナだったっけ?)呼ばわり・・・箱舟は店じゃねぇんだよ・・・! こういうおふざけはいらねぇんだよ・・・マジで。
コイツの存在は今作最大の汚点。

・ポッと出の敵・・・。 後半に、悪の帝国的なものが出るんですが、それがあまりに突然出てきて、アッサリ片付いて・・・なんともまぁ・・・。 うたわれるものの後半か!とツッコミたくなるような急展開で・・・。
 その帝国に属する3将軍がいまして、3人とも良いキャラ持ってるのにアッサリ退場・・・。帝国のボスもアッサリ退場・・・。 もう少し、うまくストーリーに絡めなかったもんかねぇ・・・?残念です。

・・・悪い点は、この辺にして・・・次は良かった点を。

良かった点・・・良かった点・・・。え~と・・・。

・錬金釜の待ち時間がなくなった。8の時は材料を入れて歩き回ってないと出来ませんでしたが、今回は材料入れたらすぐ完成です! ・・・持ち運びが出来ないので、錬金する時は釜がある町まで帰る事になりますが・・・。

・懐かしい音楽。
宝の地図のダンジョン内では、Ⅲのダンジョンの音楽が流れます。

・(個人的に)強かったラスボス。 久々ですよ!ラスボス戦で絶望を味わったのは!!
痛恨→ジゴスパークで攻撃の要を失ったり・・・。マダンテで全員に180近くダメージを与えてきたり(バトルマスターの主人公と武闘家以外はHP200前後)と激しい攻撃を繰り出してきました・・・。

・イベントムービーがキレイだった♪
あ、大丈夫ですよ?7みたいな感じじゃなくて、アニメタッチでしたから(笑)



・・・・・・え~と、まぁ・・・結果的に悪いトコばっか書いてますけど、普通に面白いです。
でもまぁ・・・ドラクエとしては佳作・・・。シリーズ(ナンバリングのみ)でいえば最下位ですかね・・・。
・・・今回のドラクエは正直、『ドラクエをやっている』って感じがあんまなかったなぁ・・・。
やっぱ、コレは外伝的な扱いで良かったんじゃないだろうか・・・。


とりあえず、エンディングは見ましたが、最後の羽根ペンが描く文字が、『The End』じゃなかったので、まだ続いてるっぽいです。

・・・・・・さ・・・これから、また悪いトコが増えないといいけど・・・・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。