賦之の怠惰な日々

書きたい事を書きたい時に、(グダグダ)書いてます。    名前は『ふゆき』と読みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

激闘の記録

ロックマン9のプレイ日記的な記事です。  続き物なんで前のを読んでいてくれた方がわかりやすいです。

思い出しながら書いてるんで、たまに間違ってたり変なトコがあるかもしれませんがご了承ください。

ネタバレあり。

今回は、題して 8大ボス激闘編 とでも言っておきましょうか。

え~と、前回はギャラクシーマンを倒したトコまで書きましたっけ。
じゃ、続き行きま~す。

次に選択したボスは、シリーズ初の女性型ボス『スプラッシュウーマン』ステージ。
このステージは、4のダイブマンステージ(ワイヤーを取りに行くフロア)や2のワイリーステージ(いくつかは忘れた)みたいに両側にトゲがあってその間を落ちて行く所があったり、5のウェーブマンステージのように、泡に乗って上に進んで行ったりと結構懐かしい感じがした。 途中にいるタコツボに入ったタコ型のザコが吐いてくる墨の玉を喰らうとロックマンが黒くなって初めてやった時はちとビビッた(笑)
 で、ボス戦。 スプラッシュが歌って魚を呼ぶ→自身は歌いながら上へ→一番上まで行く→そこからモリ(トライデント)を降らして攻撃→最後は自分が直接刺しに来る→最初へ。って感じの攻撃パターン。 水中だからこっちもジャンプ力上がってるけど、魚が邪魔で攻撃しづらい・・・。降ってきた所を地道に削ったり、手に入れたばかりの、ブラックホールボムを駆使したりするも結局勝てず・・・。 どうやら、ブラックホールボムは弱点じゃないらしいなぁ・・・邪魔な魚を消してくれるけど。

スプラッシュ攻略を諦め次に選択したのは、プラグマンステージ。 とりあえず、ボスの顔(?)を一通り見ておくかと言う事でね。
このステージで初めて、消える床(ブロック)が登場。が、意外や意外・・・結構簡単でサクサク進めた♪・・・ま、実はメットールを見て、「お!メットールじゃん♪」と呟くオレ、 メットール、メット(頭)を上げ攻撃態勢。「!?な、こ、これは!!1のメットールじゃないか・・・!」と感動している隙に、攻撃を喰らい、そのままトゲの上へ・・・。と言う事もありましたが。 そんなこんなあって、ボスの下へ。
 ボス戦。 部屋の雰囲気といい、相手の動きといい、攻撃といい、どことなく、3のスネークマンを彷彿とさせるボスだ・・・。 そして、強さもスネークマン同様、強かった・・・。
こりゃ勝てんわ・・・。コイツもブラックホールボム効かないし(汗) ステージの途中にあった、E缶を使っても勝てなかったろう・・・。
(やっぱ・・・ボスのフロアの構造は、フラッシュマンに近いかも・・・)

と言うわけで、また別のステージへ。 次に選んだのは、ジュエルマンステージ。
コイツを倒せれば、バリア系の武器が手に入って楽になる♪と言う魂胆。
 途中、ブランコのような物がうまく扱えずに死にまくりながら、何とか、扉の前へ辿り着く事ができた。「アレ、もうボスか?早くねぇ? Dr.Rのマークもなかったしなぁ」と思いつつも扉をくぐる。すると、そこに待っていたのは、爆弾岩みたいな中ボスが待ち構えていた。 天井から岩を降らす→最後に爆弾岩(仮)が降ってくる→転がりながら上へ戻っていく。と言う実にワンパターン行動ながら、結局、コイツに勝てずゲームオーバー・・・。

気を取り直し、続いて向かったのは、トルネードマンステージ。 余談ですが、今回は、このステージの曲が一番好き♪
所々ある、“張りつき回転床”(仮)に苦戦し、中間点にすら行けずゲームオーバー・・・。
 ここで、改めて、今回のロックマンの難しさに頭を抱え、同時に自身の腕の衰えにガッカリする・・・(笑)

で、またスプラッシュウーマンステージへ。 まだ、ホーネットマンステージをやってない事にこの時のオレは全く気づいていなかった・・・。
ここは、1度ボスのトコまで行っているので、難なくボスの方へ進める。
なぜ、ここを選んだかと言うと。この前戦った時にオレは思ったのだ。 うまくブラックホールボムを使えば行けそうだと・・・!
そして、因縁の(?)のボス戦。 「魚は下段・中段・上段と、スプラッシュを守るように出てくる・・・!もう、パターンは読んでるぜ!!」と叫びつつ、うまいこと、ブラックホールボムを駆使しながら戦うも、結果は敗北・・・。
ダメだ・・・後にしよう・・・。

で、次に選んだのは、マグママンステージ。
中ボス、チャンキードラゴンに苦戦しながらも、何とか中間点に辿り着き、その後は順調に進み、ボスの下へ。
 ボスとの戦闘開始。さっそく、ブラックホールボムを使う。(どうでもいいけど、この武器、撃ってから、自分でボタン押して展開しなきゃいけないトコが面倒・・・。) 直撃!・・・が、コレ弱点じゃねぇェェ!!全っ然効いてねぇ! が、相手のマグマバズーカを吸い込んでくれるので、結構役に立った。 ブラックホールボムのエネルギーが切れる頃には相手も自分も結構削れていたので、あとはバスターのみで勝負! 辛くも勝利! やったぜ!ようやくまた、1体倒せた・・・。  今回、唯一チャージができる“マグマバズーカ”をゲット。

ここで、ようやくホーネットマンステージをやってない事に気づく。 「ん?アイツ、マグマバズーカ効きそうだなぁ♪」と思いニヤニヤしながらホーネットマンステージを選択。
ステージ途中のメジャーみたいな床やら、ハサミやら、花の中ボスに苦戦しながらも何とか、ボスの下へ・・・。 ふぅ、厄介なステージだぜ・・・ったく!
 ボス戦。 「バズーカ連発してりゃ勝てるだろ。」と思ってら、マグマバズーカは連射できず、オレ涙目 しかも、バズーカ撃っても蜂にばっかり当たって、ボスに当たらねぇ!という事で近づきながらバズーカを発射し。見事撃破! やはり、ホーネットマンにはマグマバズーカだったか。
“ホーネットチェイサー”を手に入れ。 何となく、スプラッシュウーマンの所に行く。また、オレの勘が「コイツ、効きそうじゃね?」と言ったからだ。
もう3回くらいやってるんで、楽にボスの下へ。
 ボス戦。さっそく、ホーネットチェイサーを使う。 やはり、スプラッシュウーマンはホーネットチェイサーが弱点だった! 繰り出した蜂が魚を倒しつつスプラッシュウーマンの下へ飛んでいく。 たまに魚を倒したらそのまま画面外へフェードアウトしていったのもいるけど、さすが弱点武器。あっさりスプラッシュウーマンを撃破。 と、何か落としていったなぁ?何だコレ? とりあえず拾って帰る。

場面が切り替わり、研究所へ。ライトットとロールのショートコント(?)の後に、ラッシュジェットをゲット♪
“レーザートライデント”とラッシュジェットをゲットし。いざ、次のステージへ。

ここで確認。後、残っているのは、プラグとジュエルとトルネードの3体。3体中2体がまだボスに辿り着けてないという・・・何とも嫌な感じがする中、この中で唯一ボスまで行ってるプラグマンステージへ。

手に入れたばかりのレーザートライデントで攻撃するも、またハズレ・・・。
惨敗し、次のステージへ・・・。

ジュエルマンステージへ。
中ボスに1度やられたり、スゲェやらしいフロアを抜け辿り着いたボスの部屋。
扉を1つくぐり、色々確認。「コンクリはギャラクシー、マグマはホーネット、ホーネットはスプラッシュ・・・。つう事は、ブラックホールかトライデントが弱点じゃなかったらまた負けそうだな・・・」と、脳内会議をし、2つ目の扉を開けボス戦へ。
 あ!ずりぃ!コイツ、ゲージあげる前のポーズでもうバリア展開しやがった!!テメェ!ウッドマンとか、スカルマンとか、スターマンとか、プラントマンとか、ジャンクマンとか見習いやがれ!!(オレの記憶が正しければ)こいつらは同じバリア、シールド系でも戦闘開始前にバリア、シールド系を展開したりしなかったぞ!・・・多分
と、まぁこんな事言ってもしょうがないんですけどね・・・。

まず、始めにブラックホールボムを試す。 おお!敵のシールドを吸い取りながら大ダメージを与えている!こいつの弱点はコレだな!  こっちがジャンプすれば相手もジャンプし、逃げると追っかけてきて、まるで1のコピーロボットみたいな奴だったが弱点をつけば脆いものよのぉ・・・。 結構簡単に倒せた。
“ジュエルサテライト”をゲットし。 次のステージへ。
あと、残るはプラグマンとトルネードマンの2体・・・。
ステージが簡単という理由で、プラグマンを選択。 あぁ・・・またE缶取らなかった。と反省しながらボスの下へ。
 ボス戦。頼む、ジュエルが弱点であってくれ!というオレの願いが届き(勘が冴えただけ)、弱点であるジュエルサテライトを展開しつつ、プラグマンに突っ込む! プラグマンを10秒以内に倒した。と言うチャレンジ内容をクリアと言うオマケつきでプラグマンを撃破(別に、狙ってなかったんだけどねぇ)
“プラグボール”を入手し、最後の1体トルネードマンステージへ。

2、3回ゲームオーバーになった所で“張りつき回転床”(仮)は、ロックマンが上に来ている時は普通にジャンプできて、下を向いてる時はそのまま落下すると言う事にようやく気づき、やっと中間点あたりまで進むことができた。 中間点から1フロア進むと見慣れた敵が。 おお!ジョーじゃん!スナイパージョー。おお、おお今回は真っ赤だなぁ♪何て言いながら近寄ると、奴は攻撃態勢に。そして、オレは軽いショックをうける・・・。
 奴は『スナイパー』の名を捨てたのか、とんでもねぇ連射をしてきた! オレの見た限りでは6発以上10発未満と言ったトコロか・・・。 『ジョーは変わっていくのね・・・』『そ、そうだよ。ララァの言う通りだ』
ま、ちょっと驚いただけで、その後は盾構えて何もしてこない隙にシールドを貫通するレーザートライデントで撃破。 ・・・ジョーは5の『アパッチジョー』が一番厄介で強かったような・・・。2の乗り物も嫌だけど・・・。あっちはエアーシューターで・・・。

その後、台風地帯(?)に苦戦しながらも何とかボス戦へ。 このステージ、音楽は好きだけど、2度やりたくねぇくらい厄介なステージだ・・・。
 ボス戦。 コイツもエアーマンみたいに、前方から風をおくってくるのかと思ったら、なんと下からだった・・・。しかも、トルネードブローを発動してる時はジャンプ力が上がるらしくいきなりジャンプ力が上がっててビックリ(笑) そのために上にトゲが用意してあるのか。ご丁寧にどうも♪ だが、オレはあんなトゲに刺さって死ぬようなプレイヤーじゃねぇ! 手に入れたばかりのプラグボールを発射。コレが弱点だったらしく、結構なダメージを与えられた。 ・・・しかし、この武器、サーチスネークみたいに地面に沿っていくタイプなのに、しょっちゅう空中にいるような敵の弱点なんて・・・使いにくいな。 何て思ってたけど、実際そうでもなかったらしく、たいした苦戦もせず撃破。
ん?また、何か置いていったな・・・。回収回収。

回収したブツは、記憶回路だったらしく、研究所で分析することに。
すると、そこに写ったのは、ワイリーと今回の8ボス。 
どうやら、作業用ロボットと言うのは、使用期限が定められていて、その期限を過ぎるとスクラップとして、廃棄されてしまうらしい。 だが、彼らはその事を知っていて、廃棄されるという事実も受け止めていた。 しかし、ワイリーが、人間の都合の良いように使われ、期限がきたら廃棄される。そんな事でいいのか!?人間達に自分達はまだ活躍できると人間達に教えてやりたくはないか!?と唆し改造したらしい。

なるほど。そんな法律(?)があったなんて・・・今まで何作もやってきたが、初耳だ(笑)
しかし、そうなると・・・。カットマン・ガッツマン・エレキマン・アイスマン・ファイヤーマン・ボンバーマン(タイムマン・オイルマン)達(その他大勢の昔の作品のロボット達)は皆廃棄されているのではないか!? そ、それは悲しすぎる・・・。
 今回は、ちょっと、ワイリーに正義を感じてしまったわ(笑)

解析が終わると突然研究所が真っ暗に。 そして、ワイリー(カプセル)が現われ、記憶回路をパクって行ってしまった。

ようやく、ワイリーステージか・・・! スゲェ、嬉しいねぇ!同時に緊張もスゴイ(苦笑)

                                                      8大ボス編 完

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。