賦之の怠惰な日々

書きたい事を書きたい時に、(グダグダ)書いてます。    名前は『ふゆき』と読みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アメリカでは“メガマン”と言うらしいぞ。

先日購入した、『ロックマンロックマン』に関する記事です。

以下、長(駄)文&ネタバレあり

このゲーム、絵が気に入らなくて手ェ出しづらかったんですが、最近『あ~、無性にロックマンやりてぇ・・・』という状態(?)になり、遂に購入を決意。

ファミコン版(とPS版)との違いは、ボイスあり。タイムマン・オイルマン2体のボスが増えている。ステージが若干変わってる。オープニングステージ追加。ボスが必殺技(?)を放ってきたり攻撃パターンが増えてたり。倒したボスが使える(無論8体のボスのみ)。条件を満たせばブルース・ロールが使えるようになる。(条件っつってもダウンロードですがね・・・)等 あと、ファミコン版ロックマンを忠実に再現したオールドスタイルというのもあります。音楽は完璧かと・・・。

ここからはプレイ日記的な感じになります。
『ファミコン版のロックマン(すなわち1~6)は全てクリアしたオレだ!ボスが2対増えてるけど根本は1だろ?1日で終わらせてやんよ!』と気合いれまくってプレイ開始。
難易度選択・・・?“らくらく”・・・はねぇな・・・。“きつきつ”・・・!?こりゃたまんねぇな・・・。でも、“そこそこ”でいいや・・・。 という事で普通でプレイ開始。
最初に難易度選ばせるくせにステージごとに難易度選べると言う何とも変わった仕様・・・。

オレは大体カットマン→エレキマン→アイスマン→ファイヤーマン→ボンバーマン→ガッツマンの順で攻略してきたが、今回はボスが増えてるし(←あまり関係ない)ガッツマンから行ってみた。
うほっ♪足のないメットール久々だわ♪そして、画面の上のほうにあるスコア。懐かしい~と思いつつ進んでいると開始後すぐのリフトで死亡・・・しかも3回も(苦笑) あっという間にゲームオーバーだぜ!
頭にきたのでカットマンをボコしに行くことにした。ステージの構成に変化が見られるが、何事もなくボスの下へ。 足元にスーパーアーム用の岩があるのは相変わらずのようで(笑)
カットマンはロックマンを『アニキ』と呼び慕っているようだ。が、そんなの関係ねぇ!ボッコボコにしてやんよ!喰らいやがれ!バスターがカットマンに当たる。ファミコン版ならここでカットマンはひるんで、1歩下がるが今回のは怯まず点滅しながら(無敵状態)で突っ込んできた!『マジかよ!? それはないわ』とパニクリつつもあと一息のトコまで追い詰めた。するとカットマンが突然光りだした。『はっ!どうせ、ローリングカッターだろ。岩の上でジャンプしてりゃいいや』と岩の上で回避準備。 が、その後オレは信じられないものを目にした!なんと巨大なローリングカッターが飛んできて岩をぶっ壊したあげくダメージまで与えていったのだ!!これにはオレもビックリした・・・。
が、所詮はカットマン。最終的にはオレの前にひれ伏す結果に。
研究所に帰ると、ライト博士がカットマンを修理しプレイヤーキャラとして使えるようにしてくれた。 博士グッジョブ♪

さ~て、ローリングカッター使えるようになったからエレキマンのトコいくかぁ。と思ったけど、ガッツマンに雪辱を果たしに(いや、むしろリフトにか・・・)行く事に。
・・・何度か死んじまったが何とかボスの下へ。あれ?コイツんトコ、岩なかったっけ?
ドリルマンのように地面にもぐる戦法が追加されていたが難なく勝利。

というわけで、エレキマンの所へ。何事もなくボスの元へ着いたが、何かスッキリしない・・・・・・。そう!“マグネットビーム”がなくなっているのだ!(オールドスタイルにはあるらしいですが) ああ、スッキリした。

という事でボス戦。 そうそう、コイツのトコにもスーパーアーム用の岩あるんだよね(笑)
さて、さっさと死んでもらおうかい・・・。喰らいやがれぇ!・・・・・・ん?あんまくらわねぇな。ファミコン版なら、1回の攻撃で前面→戻ってきて背面 と2発くらうはず。 ん?おかしくねぇ!?点滅の無敵時間を考慮してもこのダメージ量低すぎる!まさか、弱点変わってる!? というわけで、弱点じゃないカッターを使っても勝てるはずがなく、ましてエレキマン相手にバスターだけで勝つのは(少なくともオレには)無理!というわけでゲームオーバー・・・。
 
う、う~む、回る順考え直した方がいいな・・・。

                                                         つづく・・・?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。