賦之の怠惰な日々

書きたい事を書きたい時に、(グダグダ)書いてます。    名前は『ふゆき』と読みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロンダルキア(への洞窟)VSクリスタルタワー

さて、FF3クリアした事だし、ロンダルキアとクリスタルタワーどっちがキツかったか比べましょうか。

 色んな条件から考える。
パーティーの人数:DQ 主力1・お荷物万能タイプ1・後方支援・回復1 の3名。
FF ジョブに応じて、肉弾戦・支援・回復役を自由に4人まで設定できる。

ダンジョンの長さ:DQ 長い。落とし穴・無限ループ等 いやらしい仕掛けあり。
FF 超長い。 落とし穴・無限ループ等の仕掛けはなし。

敵の強さ:DQ 非常に強い。物理攻撃しか効かないモンスターもいる。
FF 強い。 が、魔法の全体化・強力な全体魔法や、武器両手持ちによる高火力な攻撃など、DQにできない事もできる。

ボス:DQ いない。 今回はあくまでロンダルキアとして検証してるので。
FF 道中に1体・ラスボス前に4体の計5体 うち4体は強敵。

回復手段:DQ HP30弱回復する薬草(・・・まぁ・・・持ってく人いないでしょうが)・回復魔法が使える2人のMPが持つまで。 MP回復手段あり。
FF HP500ほど回復できるアイテム。最大99個まで。 DQと違い個人がアイテムを持つわけではないので、アイテムは結構な数持って行ける。  回復魔法。 HP・MP両方を完全回復できるアイテムが道中でいくつか手に入る。


・・・これくらいかな・・・比べる点は・・・。
DQ・FF共に、厳しい点はそれぞれある。
・・・でもやっぱ・・・どっちかっつたら・・・ロンダルキアかなぁ・・・?
やっぱ、落とし穴や無限ループはキツイ。無限ループなんか、知識がなけりゃ永久にさまようことになるしね。
それに加えて、キラーマシーン(当時はマシンではありません)・ドラゴン4体など、キッツイ組み合わせで出る時とかあるし。

FFは二刀流の高火力もあるし、なによりレベルの上限が高い。 つまったら、レベルを上げればいい。
DQはそれができない。 3人が3人とも、ある程度レベルでストップしてしまう。99まで上がらない。


とりあえず、ロンダルキアは鬼畜。という結論を出したけど、クリスタルタワーもかなりキツかった。というのもまた事実。 ロンダルキアへの洞窟抜けたら、休みなしですぐハーゴンの神殿に行くようなもんだからね・・・

スポンサーサイト

PageTop

クリア

前回の記事から読んでくれたら、それはとっても嬉しいなって


ラストダンジョンでケルベロス・2ヘッドドラゴンを撃破し、いい気分で左下のフロアへ。
VS.ボス・エキドナ  ・・・お前もか・・・お前もメテオを使うのか・・・!
ひええ~!デスで賢者Bがぁ・・・! 次のターンアレイズだなぁ・・・
次のターン。忍者Aの攻撃。撃破。 ・・・うん、よくやったね(棒) そうだよね。戦闘終了後に生き返らせればいいよね・・・!

気を取り直して、残りの一ヶ所。 右下のフロアへ。
VS.アーリマン  こいつはホントに苦戦した・・・マジで全滅を覚悟したほど・・・
しょっぱなからメテオをくらう・・・。 もう、こんだけやられると、「あ~はいはい」ってな感じで受け流せるようになった(笑)
次のターン。 相手の攻撃、クエイク。 やべぇぇ!!コイツマジで強えぇ!本気でオレ達を殺しに来てやがる!!
エキドナと攻撃パターン似てるけど、強さが全然違う・・・!
だがオレはこんなトコでやられるわけにはいかねぇんだよ!! 頑張ってきた、1時間半を無駄には出来ねぇンだよ!!
 辛くも勝利・・・。 アーリマン・・・お前の名・デザインはしばらく忘れることはないだろう・・・。

とりあえず、闇のクリスタルをすべて解放(?)し、ラスボスの待つフロアへ進む。

見えてきたぜ・・・ラスボスの姿がよぉ!
最後の戦闘を前に、エリクサーを賢者2名に使用。貧乏性のオレでも、ココで使うことにためらいはなし!ここまできてエリクサー惜しんだから負けましたなんてゴメンだからね。

戦闘開始!
 当たり前だが、ディシディアの時とだいぶデザイン異なるのね。 あっちはちゃんとした(?)人型だったしな。
ラストバトルって事で、アイテムは惜しまねぇぞ! 忍者2人で手裏剣投げたる!
アイテム欄から手裏剣を選択。 賢者Aは忍者Aにプロテス。賢者Bは何したらいいかわからなかったので、とりあえずフレア。
幸先よく、忍者Aが一番手で攻撃開始。 「っしゃー!手裏剣投げたれや!」→『こうかがなかった』
「え?え??え??? なになになに!!!? ちょっとまて、コイツ手裏剣 効かねぇの!?」
続いて忍者Bの攻撃も手裏剣不発。 動揺するオレをよそに進む戦闘。
相手の攻撃、はどうほう。 つ、強い・・・! 平均1300くらいもってかれたぞ・・・!
 ここで一旦戦闘中止。手裏剣について調べる。 ・・・あ・・・装備しなきゃいけないのね・・・あ、はい。
ゆるさねぇぞディシディア~~~!!! お前の時の知識で攻めたら1ターン無駄にしたじゃねぇか!!
気を取り直して2ターン目。 忍者2名を手裏剣2刀(?)流にし、賢者2名はぜんたいケアルガ。
うは~~♪手裏剣つよ~~い♪ 正しく使えば、こんなに強いのか!
相手も負けじと、また「はどうほう」を撃ってきた。 ぐっ!メテオよりはだいぶダメージ抑え目だけど、こう連発されると厳しい!!  ・・・コイツ、それしか能がねぇのかず~っと、「はどうほう」しか撃ってこなかった・・・。

手裏剣がものすごく強かった&賢者2名がずっとケアルガを使っていたおかげで戦死者0でラスボスを撃破。
 強かったぜ・・・「くらやみのくも」 「はどうほう」のダメージがもう少し高かったら、間違いなく詰んでた。


結構楽しめたな。FF3 初めてのプレイだったから新鮮だったし、ジョブはどうしよう?とか次はどこに行けばいいんだ?とか、色々考えながらプレイ出来た。

PageTop

クリアへ

何日か前にVCでダウンロードしたFF3をクリア。

『クリスタルタワー』と『ロンダルキア』どちらかキツイか比べてみたい。
こんなくっだらない理由で始めてみたものの、やり始めたら結構ハマってた(笑)


噂通り、クリスタルタワーはキツかった・・・
ひどい目にもあった・・・ 「ははっ、こいつボスのくせにライブラ使ってきたぞ(笑) 魔王とか名乗っておきながら、かませもいいトコだな。」 次のターン、メテオ。
忍者A瀕死・忍者B死亡・賢者A瀕死・賢者B瀕死「はぁぁ!?マジかよ」 自身の体勢を立て直し、真面目にプレイするも、結局回復が間に合わず全滅・・・
おおおお・・・かなり奥まで行ったのにぃ・・・また入口からですか・・・? また7階まで行くんですか・・・

また、すぐにトライしようと思ったけど・・・冷静に先の戦況を分析し、一度戻る事に。
ケアルガ・アレイズ使えるのが1人だけってのは正直キツイ・・・。
せっかく賢者になって、白・黒両方いけるようになったんだ、元・黒魔・まじん も回復覚えさせよう。

しかしまぁ・・・クリスタルタワーまで行くと、飛空艇まで戻るのが実に面倒くさい・・・
テレポが使えないとわかった時は絶望した・・・

が、面倒でも必要なモンは必要なんで一度撤退。
ケアルガ・アレイズを覚えさせ、レベルも2つくらいあげて再挑戦。
 割と苦労して、魔王ザンデを撃破。 久々に歯ごたえのあるボスだったぜ・・・
と、思ったらいきなりラスボス登場。 連戦だと・・・!聞いてねぇぞ・・・!?
・・・負けバトルでした・・・。

イベントの後、ラストダンジョンへ。
ここでまっすぐにラスボスの元へ行くと、とんでもない事になるという情報を得ていたので、四隅の階段から侵略開始。 まずは、左上のフロアから。
ボス ケルベロス出現! か、かみなり うぜぇ・・・ただそれだけで、大した強くねぇ・・・

続いて、右上のフロアへ。 ボス・2ヘッドドラゴン出現!!
「・・・コイツ、なんて読むんだ・・・?」なんてどうでもいいこと考えたら、恐ろしい事態に・・・
相手の攻撃が、忍者Bに8000のダメージ!  これを見た瞬間、オレは笑った・・・面白かったわけじゃない、わけがわからなくなったんだ・・・
おいおいおい!な、なんだこりゃ?プロテス必須か? バカじゃねーの?こんなんくらって生き残れるかよ?
次のターンアレイズをスタンバってた賢者Aに魔の手が・・・! しかし、2000近くのダメージをくらうも生き残る! ・・・あ、前列だからダメージ大きかったのね・・・ そうとわかれば・・・こいつ通常攻撃しかないし、弱い部類だぜ!



後半へ続く

PageTop

つらいなぁ…悲しいこと、腹立つこと、理不尽とも言えること…ホントに今日はいろんな事がありすぎた…

出勤前ある事件・出来事があって、仕事中はず~っとその事が気がかりで、仕事していてもそれが気になってた…
そんな時に限って面倒なこと、腹立つ事が重なってくる…
自分勝手な客、周りをみない、考えない社員… ホントに勘弁してくれ…オレがなにしたよ?
なぜ、この1日…いや半日でこんなにも精神的に追い詰められなきゃいけないんだ…

仕事から帰ったら、今日はもうなにも考えず寝てしまおう…そう思っていたのに、全く寝れやしない…

久しぶりだ…何かに感動してとかではなく、ただ悲しいからという理由で涙を流すのは…
涙が止まらない…

PageTop

生殺し・・・

前回の続き。

南の町に着くと、幽霊?ばっかで買い物すら出来ねぇ!!
あげく、「ジンの呪いで・・・」とかぬかしやがる!  ふざけんな!うちの赤魔道士のジンが何したっていうんだ!!(最初、マジでこう思った/笑)

話を聞き進めるうち、呪いでこうなったらしいという事が判明。
 バーに行くとシド発見! FFファンにはおなじみですな。シドという存在は(笑)
超序盤なのに、飛空艇を貸してくれるだと!!?  なんだこのゲーム!?バランス無視かよ?
・・・あ、あぁ~・・・山越えらんねぇのね・・・ですよね~・・・ちゃんとバランス考えられてますよねぇ~

飛空艇で城へ。
どうやら、城も呪いにかかってるらしく、王様から呪いを解くように頼まれる。
そんな事より(?)王のそばの兵士からとっても有益な情報を得る。
「城の左の塔にはアンデットに有効なワイトスレイヤーがある。」ここでまず、おおっ! とテンションアップ。
そして、次の一言でオレのテンションはMAXに!  「けど、赤魔道士しか装備できないんだ。」キターーー!! 赤魔道士入れてたオレ大勝利じゃん!!

さっそく取りに行こうじゃないか♪
・・・ここで、事件は起こった・・・
突然、キャラの動きが止まる。 「あれ?どうした? ん~?」
何気なく手元に目を落とす。 ギャーー!Wiiリモコンの電池が切れてるぅぅぅ!!!


マジ、テンションガタ落ちですわ・・・
という事で、今はWiiリモコン用のエネループを充電中。
はやく、進めたいです・・・。

PageTop

FF3始めました。

無双までのつなぎでなんかゲームをやろうと思い、なんとなくWiiを起動。
「そういや、ドンキー落とした(買った)時の金、余ってなかったっけか・・・」

奇跡も魔法もあるんだよ・・・。
600円余ってたーー! よっしゃ、FF3やるぜーー!

3はやった事ないから楽しみだ。 クリスタルタワーとロンダルキア。どちらがキツイか比べてやるぜ。
そんなことを思いつつ、ダウンロードしプレイ開始。

お、おお?なんかプロローグっぽいのが出てきたが、字幕がひらがなだらけ+表示が早いので目が追いつかねぇ(涙目)
結局、よく読む暇もなくニューゲーム選択。
「え!?固定の名前ないの!!? マジかよ・・・」 ハッキリ言ってこの名前を考えるっていう過程、苦手です・・・。 まぁ・・・どれくらい苦手かって話はおいといて・・・。

適当に名前決めてスタート。
グラフィックは別に気にならないかな~。 FCのゲームは昔相当やってたし、むしろFCのグラフィックに懐かしさや味を感じるね!

な、なんか敵強めじゃね・・・?
ゴブリンはともかく、その後でてきた1つ目の気持ち悪いのと、変な花?の奴とか、ダメージ高い気が・・・。
ボスもなかなか強かった・・・ あれ、道中で手に入った「なんきょくのかぜ」使わないとジリ貧どころか負けてたな・・・。

ボスを倒したら、ジョブチェンジができるようになった♪
ふむ、FF5とは違って、キャパシティってのを消費するのか。 こりゃ、好きな時に好きなジョブに~なんてやってると、キャパ足りなくなるパターンか・・・。

ジョブチェンジ前に町をフラフラ。爺さんから「この奥の倉庫にケアルがあるよ」という話を聞きさっそくゲットするぜ!と意気揚々と進んでたら、ウェアウルフにボコられた・・・(苦笑)
 くそっ!このゲーム、“町の中にはモンスターは出ない”っていう常識(?)が通用しない!
まずはジョブチェンジして、最初の洞窟に行こう・・・取り逃しがあるかもしれん。

キャパのことは深く考えず・・・ せんし・あかまどうし・しろまどうし・くろまどうしの編成に決定。
 数分後・・・「あ~・・・こうやって魔法覚えるパターンか・・・ 赤入れたの失敗かも・・・」と、早くも後悔・・・。

それでもくじけず、そのままのパーティで進む事にする。
 うほっ!やっぱ、最初の洞窟お宝余ってるじゃん♪
お宝回収→ケアルゲット。 南の町へ。


次の記事へつづく。

PageTop

不健康体

今の仕事を始めてから、朝飯抜きは当たり前、昼すぎ起床→軽く食事。主に菓子パン・惣菜パンを1つ。→仕事へ。→休憩時間中に飲み物1本。デカビタが大好きです!→夜中帰宅。→コンビニ弁当orサンドイッチ。

・・・いやぁ~実に不健康な生活だ(苦笑)
食べる量は少ないけど、食う時間が遅いせいか、体重は増加傾向・・・?
車通勤・普段は家でエンジョイ♪ なため、運動不足ってのもあるんだろうけど・・・。

改善したいと思わない・・・と言ったらウソになるけど、夜食の問題だけは解決できそうにねぇなぁ。この仕事してる限り。

PageTop

なんてこった! 全く更新せずに8月が終わってしまった・・・
9月は頑張る・・・

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。